かもかて名言集もどき ティントア編

ついにここまでティントア編ー

ネタバレは正義を合言葉に追記へ(・ω・´

「……困る……んだけど。」(執拗な追跡)
さーせん(・ω・`
イベント名もあれですよね。
「ストーカー」を漢字にしたようなもんですよね。

「もうひとりも同じ気持ちでいてくれて……良かった……。」(心待ちの返事)
ここまで喜んでもらえるとはΣ(・ω・
ティントアがどれだけルージョンが好きかよくわかるイベント。
でっちあげた返事なのですこし罪悪感(・ω・`

「ごめんなさい、ありがとう、レハト。もう少し、お願いします。」(もうひとりへの想い)
もうひとりシリーズのイベントでかなり好きなもの。
今まで少し控え目だったティントアが変わりだす契機。

「本を読むのは、楽しいけれど、でも少し怖いと自分は思う。」(知力に励み)
図書室でのイベントを見ると、なんだかしみじみと考えてしまう励みイベ。
読めないほうが良い文字というのもありますね。

「そうだよ、だから僕は知っている。アネキウスは、神ではないことを。」(神いずこ)
ギリギリを通り越したアウトなセリフ。
神や徴に疑問を投げかける人は多いけれど、ティントアほどはっきり言う人はいないんではないでしょうか。
最初に話したのがルージョンで良かったね!

「だから、僕はもう願わない。神にはただ、祈るだけ。」(祈りと願いと)
願いと祈りは違うと知ってなお、信仰に励むティントアは悟りの境地に入っていると思います。

「ほんとに、レハトは、しつこい。」(神殿の思惑)
「執拗な追跡」では拒絶されたけれど、これでは受け入れてくれます。
友情にしろ、愛情にしろ、両想いって大切。

「神の愛は、息をするような愛。僕らは今、世界に満ち満ちた力を吸い、生きている。」(神の愛人の愛)
深い。
寧ろ一周回って深くないのかもしれない。
こんなことをごく当たり前に言えるのがティントアの魅力。

「僕たちはこんなにも神様に語りかけてる。こんなにも神様を求めてる。神様に、愛してほしいって思ってる。」(神様の言葉)
上に同じく。
フィアカントの宗教観を揺るがしかねないセリフなのに、サラッと言ってしまう。
そこが魅力。

「あれは王の徴です。神の徴ではありません。」(査問会)
似たようなことはタナッセもモゼーラさんも言っていたけれど、多分レハトにのみで終わらせる気だったんだと思います。
公然の場で言えるのはティントアだけ。

「その……レハトのこと……好きです……。」(告白と困惑)
嘘です(´∀`*

「待って、ルージョン!」
「僕の名前を……呼んで、ほしい。」(あの雨の日)
軽々しく呼べませんよね。
最初にこのイベントを見たときは、ティントアに何と呼びかけようか凄く悩みました。

「絶対に、誰にも渡さないから。」(独り占め)
この辺りで、嫌な予感はしました。

「ねえ、レハト、誰探してるの?」
「ううん、返事はいいんだ。決まってるから。」
「もうひとりを、僕に返して。」
「ようこそ、レハト。神殿へ。これから一緒に歩いていけるね。」
「ルージョン、愛してる。ずっと愛してた。
これはとても不確実で、いつか褪せてしまう人の愛でしかないことは分かってるけど。
それでも僕は期待してる。
僕が君を愛し、君が僕を愛してくれること。
どんなに離れていても、二度と一緒に暮らせなくても。」(最後の日)
ヤンデレから、主人公ポカーンまで。
こんなに主人公が蚊帳の外なのは、「ただ一つの期待」だけ!
あのイベントは、かもかて内で一番報われたEDだと思います(´▽`*
レハトではなく、ティントアとルージョンが。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

筒安

Author:筒安
かもかてメインのフリーゲームブログもどき。
印愛一位はトッズ。
王配はサニャ。
このサイトはリンクフリーだよ!

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

フリゲの話が多め

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バナーとか