10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

かもかて名言集もどき ユリリエ編

久しぶりに再開。

ネタバレの宝箱なので追記にて。

こんなのもあるじゃないって人は教えてくれると嬉しいです!



「私、ダンスと人生には結構共通点があると思っておりますのよ。例えば、一見簡単そうに見えることが、意外と努力を必要としたりとか。黙って立っていれば見栄えの宜しい方でも、踊り出すと意外と無様だったりするところとか、ね。」(個人授業3)
これは微妙に友情ルートに入っているので、ゆりりんが少々くだけたような雰囲気です。
友情ルートだと結構毒舌ですよね。

「怒りも不安も疑いも、全てが入り交じって貴方の中にある。そして、その最奥にあるものこそが、私の求めているもの。」(昔のことなんて)
このイベントは、「本当の愛」フラグなのでそれに掛かったセリフですね。
ゆりりんは、下手な鉄砲も数撃ちゃとか考えるタイプっぽいです。
決して毎回遊びではないのだけれども、相手のことより「本当の愛」を上に置いてる感じ。

「では、私はこう申さなくてはならないわ。舞踏会で貴方をお待ちしています。こちらにいらしてくださること、信じておりますわ。」(二つの約束)
両手に花なんて気軽なもんじゃねーぞ!って感じのイベントですね。
ゆりりんの好戦的な面がよく表れているイベントだと思います。

「だから、間違えないで。あの子の装いに、惑わされないで。あの子は、すぐに見切りをつけてしまう。諦めてしまう。」(あの子の想いは)
ゆりりんがどれだけヴァイルを大切に想っているか分かるイベント。
母性愛に近いのかな。
色々なイベントで飄々と交わすゆりりんを見ていると、このイベントでその本質に触れられる気がしますね。
タナッセとヴァイルとのいきさつを見てきているから、なおさら必死になるのかもしれない。

「予防線を張る暇があるのなら、全力でいらっしゃいな。私、競争相手が多いのは歓迎だわ。」(嫉妬)
実は、ゆりりんのイベントでは一二を争う好きなイベント。
本当にかっこいいですね!
昔のガキ大将時代がちらりと垣間見えますね!
トッズとゆりりんは、かもかてキャラのありとあらゆる組合わせの中で、ひょっとしたらトッズとローニカよりも相性が悪いんじゃないかと思います。

「もし、レハト様がもっと早くに見出されておられたら、あんな風になっていたのかしら。色々なことが変わっていたのかしら。」
「……過ぎたことをあれこれ言っても仕方ありませんわね。これからでも、きっと大丈夫ですもの。期待しておりますわよ、レハト様。」(親しき夢)
これも多分ヴァイルのことですよね。
友情ルートの方なんで、ゆりりんの言う「期待」が自分に対する事でないのは明らかですし。
やっぱり昔に起こった「色々なこと」が今でも気がかりなんでしょうね。

「……詰めるわよ。」(不治の病)
言わずと知れた迷言NO1。
かもかてをやり始めた当初の頃は、一体ゆりりんが何を詰めるのか分からなくて、勝手に「指でも詰めるのかしら。ゆりりんってばYAKUZA!」とか思ったりしてました。
しかし、詰めるわよ。に目が行きがちですが、その前のディレマトイフラグのやりとりも良いものです(´▽`*

「この、全てを振り回し、全てを変容させる強い力は、一体私たちのどこから湧き上がってくるのかしら。私、時々怖くなりもしますの。そして、その強さが穏やかさに変わる時を、そうしてくれる相手を、私は待ち望んでいるのですわ、きっと。」(醒めた夢)
意外な言葉。
てっきり、ゆりりんは激動の愛を好んでいるのかと思っていました。
「本当の愛」という字面から穏やかなものとは程遠い印象だったので。
でも、今まで浮名を流していたゆりりんからすると、「本当の愛」とは安定剤のようなものなのかもしれませんね。

「鈍感さは罪ですわ。」(初恋)
ゆりりんのタナッセに対する態度は、昔からの付き合いや、ヴァイルに対しての行動の怒り、そして多少の恨みなんかが混じった複雑な感情なんだろうな、と思ったり。

「歓迎いたしますわよ、レハト様。貴方とこの勝利を分かち合うために。そして、貴方と戦うために。」(偉大なる勝利)
対になるモゼーラさんのイベントとは随分違う印象のイベント。
ゆりりんにとって愛は戦いみたいですね。
そんなに気を張るから、戦いの後の安定した「本当の愛」が欲しいのかもしれません。
ゆりりんも疲れているのかな。

「一度だって、こう思わなかったこと、誓っておっしゃられるのかしら。『自分は別の意見を持っているけど、気に入られたいから頷いておこう』『どういう風に答えたら、この人は好意を持ってくれるだろうか』」(恋とはそういうもの)
ゆりりんってばメタ発言!
このセリフは、ゆりりんだからこそ言えるセリフですよね。

「夢。夢。夢。夢はいいものよ。とてもいいものだわ。」
「一度叶えただけで終わるのは夢じゃない。それは、ただの欲なのだと、私思いますの。」(夢と欲)
ゆりりんの夢は、「本当の愛」の中に居続けることですもんね。
このイベントは、何かの芝居を見ているようで、とても綺麗で大好きです。

「優越感、欠乏感、虚栄心、同情心。人はなんて多くのものを愛と言い換えて、己の心をたばかろうとするのかしら。」
「それでも何故か、私は貴方のその巧みな物言いに惹かれてしまう。私の理解の及ばぬ本当の愛を、貴方は知っているのではないかと。」(最後の日)
「本当の愛」フラグを持って迎える最後の日は、いつも自分の心をはっきりとさせて白黒つけるゆりりんからのまさかの保留で印象に残っています。
また、このED条件に交渉が関わってくるのも面白いです。
EDを迎えるのにパラメータの条件がいる人は多々いるのですけれど、それはあくまでそのEDにいたる手段に必要なのであって(助けたりとか、逃げたりとか、身分で邪魔されないようにしたりとか)その心に訴えかけるためにパラメータが必要なのはゆりりんだけなのではないでしょうか。

「愛しておりますわ、レハト様。貴方がどのような選択を重ねようとも。貴方が茨の道を望むならば、私は従い、裸足でそこに踏み入りましょう。」
「貴方はきっと知ることになりますわ。時に愛は与えるよりも受け取るほうが苦しいものだということを。」(最後の裏切り)
イベント投票で、ゆりりんの一位のイベントです。
納得のかっこよさ。
ただ、これは安定した穏やかな愛ではないので、ゆりりんが思い描いていた「本当の愛」とは全く違うのが悲しいところ。




スポンサーサイト
web拍手 by FC2
Secret

バナーとか

冠を持つ神の手同盟様

プロフィール

筒安

Author:筒安
かもかてメインのフリーゲームブログもどき。
印愛一位はトッズ。
王配はサニャ。
このサイトはリンクフリーだよ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

Twitter

フリゲの話が多め

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。