07
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

GWだしフリゲやろうぜ

かもかてが好きな皆さんなら、きっとフリゲも好きなはず(´▽`*

というわけで、勝手に独断と偏見により選んだフリゲ集RPG版です。

有名所もたくさんあるので、すでに知ってる、というものもあると思います。
そういうのがあった人は一緒に語りましょうよそうしましょう。

追記からはーじまーるよー



下の方に拍手コメ返信(・ω・



Elona

ローグライクRPG。
差し替えのドットも数多くの方が作っている人気RPG。
また選べる職業やスキル、身長体重設定なども細かく、初回のキャラメイクが30分超えというのもよく聞く話。
初心者がやりやすい職業etcはElonaのwikiに詳しく載っているのでそっちを見ればいいんじゃないかな。
このElonaの魅力は自由度がありえないくらいに広いこと。
一応本筋の物語もあるっちゃあるのだけれど、そちらをやらずにダンジョン制覇したり、NPCを惨殺しまくって剥製を集めたり、億万長者になって小城を建てたり、モンスターにパンツを投げたり、妹に媚薬をぶつけたり。
ただし、自由度があるぶんに操作方法が複雑です。
Elonaの最大の難関はチュートリアルだと思います。
私も一度操作方法を覚えられなくて投げた口。



Ruina

ブック型RPG。
キャラが皆立っているメンバーや、農牧的、神話的な雰囲気が素敵。
ダンジョンもポイントごとに調べる珍しい方式で、ダンジョンには酔いやすい、迷いやすい私でも大変助かりました!
また、パーティメンバーの組み合わせによって各種各種の会話が変わるのも面白い。
キャラごとのイベントもあったり。
アイテムは集めていて楽しく、ずっとパーティを組んでいるキャラクターは好感度が上がってそのキャラのEDにいったりする。
周回要素もあって、EDに必要な戦闘だけを通過していくと2時間程度で終わるところがやりやすいです。
しかし、けしてボリュームがない訳ではなく、ひとつひとつ調べていけばその数倍の時間は楽しめます。
このゲームにももちろんwikiがありますので、詰んだらそちらをどうぞ!



フィアードライブ

一にキャラゲー二にキャラゲー。
三四が無くて、五にキャラゲー。
だいたいそんなゲームです。
ギャグ要素が強く、ダンジョンはあまり複雑ではない物。
戦闘は少々要素がありますが、慣れればどうってことないぜ!ぐらいな感じです。
また、戦闘中に相手の弱点攻撃を当てたらボーナスが貰えたりします><
ボリュームもとても多く、ツクールゲーにしてなんと総量256MB!!!
妹萌にはもってこいのRPGです。
こちらは本家HP様のほうに攻略掲示板がございます。



魔王物語物語

通称「まもも」
幻想的で、少しだけ退廃的な雰囲気のRPG。
絵がとてもきれいで、途中で入るカットインや、キャラクターのアイコンなどはなおさらまももの世界に浸らせてくれます。
ダンジョンはこれまでのものに比べるとほんの少し難しくなるかも。
でも大丈夫です。
この作品にもwikiがあり、ご丁寧にMAP付きでございます。
色々なダンジョンの中で出会えるキャラクター達と会話をすると、そのキャラの部屋に本が増えていきます。
その本の中でほとんどのストーリーが進められる、まさに「物語」のRPGです。
戦闘方法がちょっと特殊ですので、最初のうちは調子にのって戦いすぎないのが吉。
物語ではっきりと語られているのではなく、それらの断片を繋ぎあわせて考察するのが好きな方には是非。
考察サイトを探すのも楽しかったり。



王女様と薔薇の騎士

サクサクRPG。
特段に凝ってレベル上げしなくてもいいので、ちょろっとゲームしたい人にはちょうどいいです。
大体3時間もあれば終わります。
百合ゲー。
百合ゲー。
大事なことなので2回言いました。
会話時の選択肢にごく普通な物と明らかに百合な物の二種類があるんですが、明らかに百合の方を選んだほうが面白いのは言うまでもなく。
百合といっても、某ゆりりんのようなドロドロしたものではなく、ゆるーい感じのものなので、「百合はちょっと・・・」という人にも受け付けると思います。
ストーリーは基本ギャグ調でイラストもとても綺麗。
そして百合。



夜明けの口笛吹き

かなり退廃的な雰囲気漂うゲーム。
戦闘バランスは普通にプレイしていればボスを倒せる程度。
ダンジョンもそれほど複雑ではありません。
登場キャラクターは少なめで、最初の村での住人にいきなり暴言を浴びせられるゲーム。そこがいい。
世界観も独特で、一種哲学的な雰囲気が漂います。
ED数も豊富ですが、トゥルーED以外はその場面からやり直せるので、EDを全部集めるのもおもしろかったり。
EDが全部集められなくても、強くてニューゲーム方式なので二週目が非常に楽です。
プレイ時間も物凄くはかからないので、やっぱり周回プレイ向き。
雰囲気が合えばこれ以上のゲームはない!と思えるかも。
こちらにも攻略サイトがあります。



シルフェイド幻想譚

主人公は性別を選ぶことができ、キャラクターも皆個性的。
日数に制限があるので焦るかもしれませんが、案外普通にプレイしていればいけるもんです。
パーティにできるキャラクターにも条件があり、その条件をクリアしてメンバー入り。
ただし、パーティには自分ともう一人しか入れられないので注意。
世界観はファンタジックなもので、ボス戦は何度でも挑戦でき、その度にちゃんと前回のダメージをボスが引き継ぐのでそれほどクリアは難しくないかと。
マルチシナリオで、けっこうやりこめます。
と、ここまで書くとごく普通のRPGのように思えるかもしれませんが、ギャグです。
まごうことなきギャグです。
ストーリーは真面目なのにしっかりギャグです。多分キャラのせいです。
もちろんこれにも攻略サイトがあります。



Knight Night

王道RPG。
会話ごとに選択肢が出るのですが、その選択肢で思い切るか無難にいくかでこのゲームがギャグかごく普通のRPGになるかが分かれます。
私としては、思い切ったほうが断然面白いです。
イラストも可愛く、マップの広さもちょうどよく、戦闘バランスも難しくない、プレイしていて安心出来る設計です。
ストーリーはTHE・王道!
ただ、ベッタベタで、この次の展開が予想できるのに、何故か燃える。感動できる!
むしろ「これだよ、これ!」という安心感のあるやり心地です。
ギャグシーンからシリアスシーンへの切り替えも違和感がなく見事。
サブイベントもあるので飽きさせない作りです。
やり込み要素はあまりないですが、プレイ後にゲーム中のCGが観覧できたりする親切設計。



D.

マルチEDのアウトローな雰囲気のRPG。
厨二っぽい雰囲気なので、それが向かない人には無理かも。
それが向く人にはけっこうたまらん感じのゲーム。
こちらも会話の合間に選択肢があって、それによって各キャラの好感度が上下します。
主人公は男女どちらも選べるのですが、あまりストーリーに関わりはないかな。
ちなみに、パーティの大体が女性キャラなのですが、そのキャラの好感度が高くなるとにゃんにゃんできます。
例え主人公が女性だろうがにゃんにゃんできます。
どのキャラもかっこ良くて、デレとのギャップがたまんねええええ!な感じ。
立ち絵も雰囲気によく合っていて素敵。
主人公のスキルに「相談」があります。詰んだら「相談」!



タオルケットをもう一度シリーズ

ハートフルRPG。
以前は色々と公開されていたんですが、現在公開中は321だけみたいですね。
きっといつか再開する日が来るさ!
ややこしいですが、公開された順番は3→2→1の順です。
でも、シリーズごとにストーリーが繋がっているわけではないので、どれからプレイしても問題無い作り。
2を最後にしないほうがいいです。色々と。
ドット絵やMAPがとても可愛らしく、戦闘難易度も低めです。
時間もかかりすぎず、短すぎず、な物。
ほんわかムードが漂い、キャラクターもほんわかしてます。
掛け合いも可愛らしい。
少し百合チックかもしれない物もありますが、気になりません。
ネーミングセンスはピカイチ。
一言言うとしたら、油断するなよ!



ひよこ侍

初期ツクールの名作。
欝ED好きにはもってこいのRPG。
戦闘システムが独特で、慣れないとつらいかもしれないですが、これが面白い!
戦闘シーンのみ横スクロール型で動きがあるのも魅力。
マルチEDで、師匠の最後の選択肢で3つに分かれます。
何ともいえない後味で、喪失感がはんぱないですよ!
ただ、少々OPが長すぎるかも。
じれったくなるかもしれませんが、ちょっと待っててくださいね。
プレイ時間は中編程度。
ハードでダークな雰囲気が好きな方は是非是非。



四月馬鹿達の宴

こちらは正真正銘のんのかムードのRPG。
自作ドット絵がとても可愛らしく、マップも同じく。
少しダンジョンが広いかもしれません。
NPCやキャラたちの会話がゆるーい感じで面白く、ついつい本編を進めずに周りの住人にばかり話しかけてしまいます。
サブイベントも豊富で、途中から手に入る「ラジオ」では随所の壁に張ってある周波数を入力すれば番組が聞けるという、もうこれは寄り道するしかない!な作り。
とかなんとか言って、後半からはやっぱり熱い。
戦闘バランスはちょっと難しめ。
頭を使って倒せよ!なシステムです。



虚ろいの都

世界の終末が近づいてくるRPG。
一周目だともれなく途中で欝が入ってくるぜ!
EDはそれほどではないですけれど。
主人公は悪人になりきれないシスコン気味なお兄ちゃん。
サブイベントも豊富で、それによってEDも変わったりするマルチED方式。
そのイベントによって欝も回避できるというからにはやるしかないね!
引き継ぎ要素も満載で、周回プレイ向け。
戦闘システムも独特で、慣れると爽快感があります。
こちらもダンジョンが少々難しいですが、攻略サイトがあるので安心。



分裂ガール

いきなり精神病棟から始まるRPG。
この一文から分かるように、勇者的展開もほのぼの展開もございません。
途中で条件を満たすことによってパーティメンバーが増えていきます。
ゲームバランスからいったらパーティメンバーを増やさなければちときつい。
しかし、ゲーム難易度が選べるので、いざとなったらイージーモードにしてしまえ!
戦闘システムもなかなか独特で、最初はあわあわしてました。
途中で伏線が所狭しと張られるのですが、最後には全部回収してくれるので安心。
分からなくなったら用語集も見れます。
ダンジョンで少し詰むかもしれませんが、攻略サイトがございます。
最大の魅力はゲームシステムもさることながら、何といっても雰囲気。そして後味。



偽りの神話

ちょっぴりダークファンタジックな雰囲気のRPG。
なかなか自由度も高めです。
限られた時間でイベントをいかにこなしていくかにこのゲームの面白さがかかっています。
ただし、限られた時間内ではイベントを全てこなせないので、イベントの取捨選択も楽しいです。
イベントによっては、ストーリーに繋がるイベントもあったり、どのイベントをこなしたかによってEDが変わったり。
マルチEDですが、二週目以降はイベントスキップができたりと、周回プレイがしやすくなっています。
また、主人公の選択肢によって人間よりか神よりかが変わったりもします。
自分の使命を果たすも良し、反乱を起こすも良し。



アンディーメンテ作品

いきなり大雑把になりました。
でも、個々の作品どれも面白いんだもの!
そして数が多いんだもの!
おすすめは「ウトナと3人の騎士」「アールエス」とか。
やおい表現が多めなので苦手な方はお気をつけを。
いっぱいゲームがあるけれど、大体に攻略サイトがありますよ。



7人目のスタンド使い

ジョジョの三部をベースにしたRPG。
マルチEDでやり込み要素もばっちり。
一周するとイベントをキング・クリムゾンすることができたりと、周回プレイにもぴったりです。
ストーリーは、主人公が承太郎一行と共に三部のストーリーに入り込むというもの。
ただし、少々原作とは違っていたり、ボスがちょろちょろはぶられていたりします。
原作では死ぬキャラも助けられたり。
そういうのが苦手な人はプレイを思いとどまったほうがいいですが、ジョジョ好きで多少原作とストーリーが違っても構わないという方は是非。是非!















エドワード様>一心同体プレイクリアおめでとうございます!!
やっぱり裏工作も出しながらだとつらいですよね(;ω;`
出さないでよかったら、さっさと交渉を上げるだけ上げちゃって構えばいいんでしょうけど、やっぱりトッズ友情の醍醐味は裏工作シリーズですものね!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
Secret

バナーとか

冠を持つ神の手同盟様

プロフィール

筒安

Author:筒安
かもかてメインのフリーゲームブログもどき。
印愛一位はトッズ。
王配はサニャ。
このサイトはリンクフリーだよ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

Twitter

フリゲの話が多め

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR