11
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ウディコン作品募集期間終了

というわけで、ざっと軽くですが私が触ったウディコン作品についての感想を書いてみました。
その数47作品。といってもウディコンに集まった作品はその実80作品以上!毎回毎回新記録を更新している気がします。

一押しは何と言っても「影明かし」と「アクアリウムス」ですね!細かいことは追記にて。



「まさむねBLADE!!」めぐめぐの鍛冶と武器大会を一緒にしたようなシミュレーションゲー。それほど細か難しくはない。キャラは良くも悪くも個性的なので、好き嫌いが分かれるかも。基本的にコメディ。

「AnotherSaviour」メッセージスキップやら常時ダッシュやら設定がかなり丁寧に決められる。説明も丁寧だけど早く終わって冗長にならない。ファンタジーとSFの融合系で、正統派厨二病って感じ。

「ライブラスフィア」BGMとか、各面ボスの感じとか、弾幕ゲー意識してるのかなーといった内容。最悪コンティニューができるんで、シューティングが苦手でもクリアは可能だと思う。女の子が可愛いぞ!

「魔界王伝3」ウディコンを毎回楽しんでいる人にとってはお馴染みなシリーズ。前作前前作をやった人なら想像つくと思うけれど、相変わらずクオリティが高い。いつもどおりシリアスめなファンタジー。

「Needless」MAP間の移動方法が中々面白いRPG。とにかくレベルを上げてけばOK。作業ゲー好きには向いてるかも。説明係がウザ可愛くて良い。ダンジョンの難易度がランダムなので、自分にあったのを探すのが少し大変。

「影明かし」ダンジョン探索ゲー。戦略性はあまり必要としない。また、ダンジョンそれぞれの層のMAPは狭めで迷う心配は無い。無心で黙々とダンジョンに潜りたい人向け。込み入ったダンジョンを望む人には向かないかも。ストレスフリーってレベルじゃない。

「オタク☆ジェネレーション」ぶっ飛んだ題名のわりに中身は案外普通のRPG。おつかい要素が多めかも。まださわりしかやってないので、このゲームの持ち味らしいやりこみ要素は見えてこない。

「スポンサーガ」設定が面白い。勇者を雇うスポンサーになってお金を稼ぎ、ゆくゆくは魔王討伐を狙うシミュレーションゲーム。あまり台詞やシステムが凝ってなく、作業ゲー好きにもってこい。

「クリッククエスト2」民家、森、畑、道路の四つのコマを使ってオセロをするパズルゲーム。発想が凄く面白い。それほど難易度は高くないと思う。私はクリアできてないけど。キャラも中々良い味出してる。

「なめらかクリーミーな味わい」かわいい女の子と戦ってかわいい女の子を仲間にしよう!なゲーム。MAPが狭いので結構楽に終わる。女の子がかわいい。かわいい。ストーリー性はほとんど無い。女の子がかわいい。

「Ruin'afate」約束を守るRPGとかジャンルに付きそうな王道なRPG。戦闘のドットが結構動いて楽しい。エフェクトも多めで爽快感が味わえる。ストレスフリーを自称するように、ストーリーテンポが良い。

「魔術師の塔」アイテムを駆使しながら効率良く敵を倒して塔を登るパズルゲーっぽい感じ。いきなり地面に性転換薬とか落ちててシュール。クリアの仕方によって変わるマルチED。一階すらクリアできてないので誰か教えてください。


「SUPER DREAM MUSIC」音楽人が楽器を武器として旅するRPG。選ぶ楽器によって使えるスキルが変わったり、攻撃時に音がなったり設定はすごく面白いのだけれど、中身はその分質素になっちゃった印象。

「Heart」考えるな、感じろ!ゲー。正直何をするかはさっぱりなんだけれど、なんだかとても癒されるゲーム。眺めてるだけで面白い。一周が凄く短いから、とりあえずDLしてみたらいいんじゃないかな。

「し」どことなく物悲しい雰囲気のRPG。盛りだくさんの設定!説明!とかはなく、サクッとお話に入っていける。システムもシンプル、短編でもしっかり楽しめる。キイチ作品と西高を足してニで割ったイメージ。

「FIRST ENGAGE」基本的にシューティングはド下手だからやらないんだけど、あまりにスクショが綺麗なのでDLした作品。中身もスクショ通りの高クオリティ。最初の方のステージは簡単なので、苦手な人もぜひ。

「アストラルブレイバー」オーソドックスめなRPG。通常攻撃もポイントを消費したりするのが少し珍しい。クリアだけなら脇目もふらず行けば結構すぐできるが、称号システムがあるので、やりこみが好きな人にも配慮してある。


「遭難サバイバル~生きる。」遭難サバイバルフリゲなんて言われるとAMの自給自足なんか思いつくけれど、あれよりは随分と一般向けのフリゲ。調合や耕作、釣りの料理とできることは多い。結構しっかりした作り。

「流転箱庭」説明にも雰囲気重視とあるように、雰囲気が素晴らしいフリゲ。多数アイテムを集める点や雰囲気が、黙々と延々とやりたい人には向いてるかも。前回ウディコンの架空共生層プレノード・オブジェクタ zeroを思い出す。

「帝国魔導院決闘科」まず、最初の主人公のタイプ分けから凄いワクワクする。主人公のタイプが決められるゲームって大好きです。決闘科と言うからには決闘します。ストーリーや雰囲気が独特。噛めば噛むほど味が出る。

「アクアリウムス」いきなりおっさん出てきてウホォー!ってなった。基本コミカルなRPG。選択肢で会話できるのが嬉しい。あれです、騎士夜みたいな感じ。あそこまでぶっ飛んではないけど。しっかりとした作り。テイルズでいうチャットシステムみたいなのがある。


「THE RPG プロジェクトメロス」ギリシャ神話と走れメロスがモチーフという異色作のRPG。邪智暴虐のメロスが色々するよ。街の雰囲気はelonaのダルフィ。地の文や台詞にセンスが光り引き込まれる。ただ、システムが少々荒削り。

「未解決事件簿 -1- 北東村未解決ナイフ殺人事件」凄いさっくさく進むアドベンチャーゲーム。セーブができないので後戻りができないぞ!後戻りができないまま誤認逮捕を引き起こしたぞ!!一周は15分くらい。結構薄味。

「DragonKiller」ボス戦を重視し人との繋がりを徹底排除したRPG。わざわざ街中駆け巡ってヒント聞くのめんどくせえ!という人には向いてるかも。ボスが倒せない人用に攻略法も添付されてるぞ。至れり尽くせり。


「攻城機兵ヴェニゼロス」なんだかPS初代臭とかTHEシンプル臭漂う、独特な雰囲気。MP狭めのお手軽なSF風SRPG。ヘリだのロボだの宇宙船だのがユニット。BGMがすごく良い味出してるピコピコ音で、雰囲気とベストマッチ。

「ハートレジャー」オーソドックスSRPG。舞台設定はコミカル風味ファンタジーと、こちらも王道寄り。街の「え、そこ?」って場所に人が居たりアイテムがあったりするので、探索が結構楽しい。キャラクターもコミカルで良い。

「エネミー・ディフィート」基本システムに超忠実なRPG。ウディタっぽい。ものすごくウディタっぽいRPG。家を出て下のMAPに入った時自分の頭がトチ狂ったのかと思ったけどそんなことはなかった。フリゲとはこういうものだよなあ。


「揺り籠から墓場まで」ひたすらダンジョンに潜り続けるローグライク風RPG。簡単に言うとelonaのダンジョンを切り取ってみましたゲー。気力とHPがあり、HPはターン経過で回復するが気力は次の階層に潜らねば回復せぬぞ。

「聖片の森」戦闘がとても親切設計。敵が弱いとかではなく、説明が丁寧。イベント戦で負けるとわざわざ時を戻してくれるぞ!ターン制コマンド制のオーソドックススタイルなので、操作も覚えやすい。短編なので、さくっといける。

「グリフォンギルド」魔界の王子が主人公のダンジョン探索RPG。王子の家の壁に穴が開いてるけれど、誰も突っ込まない。気になる。と思ったら説明があった。燭台が説明係。気になる。基本的にコミカルな風潮。クセはない。

「flamberge -フランベルジェ-」開幕当初から「ウッス!俺面白いぜ!」という雰囲気漂うフリゲ。大体においてのんのかムードで進んでく。戦闘方法は少し変わっているけれどすぐに慣れる程度。派生技が面白い。そして何よりキャラが良い。

「成仏師2」軽くSF風味なダンジョン探索RPG。SFっていっても宇宙船やら宇宙人やらじゃなくて、意識転送やらAIやらの方。立て看板とか調べてもメッセージ出ないのが少し悲しい。ストーリーは素敵。やはりSFはいいものだ。

「空仰ぐ迷宮」自由にキャラメイクできるダンジョン探索RPG。顔グラも自分で用意したものを使えるよ、やったね!最近こういうのよく見かける気がするんだけれど、流行りなのかな。どこで流行ったんでしょう。ご存じの方いたら教えてください。

「罰 -Punishment-」百一年かけて作り上げたという渾身の一品。OPやらチュートリアルやら説明やら、とにかくそういうのを一気にすっ飛ばしてMAPに入るので、冗長なのが嫌いな人には向いてるかも。買い物なんてサブ画面からしな!という豪胆さ。

「英雄物語 エピソード1」基本に忠実オーソドックス王道なファンタジーRPG。ダンジョンが広めなので、そういったダンジョンが好きな人には向いてるかも。ダンジョンが苦手な人には向かないかも。エピソード1なので、まだ先がある作品。


「神話大戦」フリゲでは中々見かけない、リアルタイムシミュレーション戦闘。神話大戦というからには、ゼウスとブッダが雌雄を決するためにヒャッハァー!!!かと思ったんですけど別にそんな話ではなかった。ですよねー。

「Speeditor」まさかウディタでスピードができることになろうとは。ただキー配置がreadme見ないと分からないので注意。慣れるまでにけっこう手間取るかも。ただ単に私が不器用なだけではないんだ。きっとそうだ。

「Elemental Speller ~人喰い迷宮と不思議な少女~」主人公の性別が選べるゲーム、大好きです。女の子どうしでゆりゆりもできるらしい。戦闘はタイピング形式。3Dダンジョンは大の苦手なんですが、MAPがあるのでギリギリなんとかなりました。

「12亜神伝」まるでファミコンか何かか、というドットとBGMで始まるRPG。しかし斜め移動はできる。あっさり味で、随分とフリーシナリオに近い感じの雰囲気。あっさり味なんだけれど、NPCの台詞が良い味出してる。

「Key&Door」ああ懐かしフラッシュゲームの脱出ゲーのようなフリゲ。お気軽にどうぞ、という説明文にもあるように、基本的にパスワードを読み解く形式なのでサクッとできる上に回答集が添付してあるという親切設計。

「病名・チュパカブラシンドロームサエジマ」りーどみーにエピローグ的文が記載されてる新感覚フリゲ。でもこの文、ウディコンの作品コメントのとこにも書いてあった!やるまで何ゲーか分からなかったけどノベルゲーっぽいよ!

「脱出ゲーム」こちらも懐かしフラッシュゲーム風脱出フリゲー。BGMがまもも。こっちもやっぱりヒントと回答が添付されている親切設計。その上難易度も三段階から選べるぞ。最近の脱出ゲームはすごいな!!!

「S.Q.H」最初のキャラメイクがワクワクする。片道勇者のキャラメイクやelonaのそれと少し似てるかも。迷宮探索ゲー。けしてダンジョン探索ゲーではない。気になるも物は取り敢えず調べてみて死ぬが良い。

「VERSUS TYPE」CPUと対戦できるタイピングゲーム。難易度が四段階で選べる他、クリアすると貯まるクレジットでミスタイプ音や出される問題傾向、BGM等々が買えるのも面白い。タイピングゲーム自体もシンプルでやりやすい。

「Bestulo物語」主人公がなんだかのんのかしてて可愛いRPG。BGMとかのおかげかなんとなくノスタルジックな雰囲気が漂う。兎にも角にも洞窟で採掘をするのが目的。でもそっちのけで釣りしたり、洞窟散策とかもできる。

「羊山ゴートの冒険」ローグライクのダンジョン探索ゲー。20階まで行ければクリア、ということでサクッとできる。のっけからインパクトが凄い。使うキー一覧は画面に載ってるので忘れても安心。結構ハマる。

「ProtoTypeGate プロトタイプゲート」ファンタジーなのかSFなのかなんなのかなARPG。操作は少し慣れが必要だが、とても丁寧な作りのゲームで、この作品が処女作とは思えないほどの面白さ。鍛冶など遊べる要素も盛りだくさん。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
Secret

バナーとか

冠を持つ神の手同盟様

プロフィール

筒安

Author:筒安
かもかてメインのフリーゲームブログもどき。
印愛一位はトッズ。
王配はサニャ。
このサイトはリンクフリーだよ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

Twitter

フリゲの話が多め

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR