06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

フリゲ2013の感想とか、最近のフリゲ実況ブームとか

フリゲ2013の感想をずっと書きたい書きたいと思っていたのですが、ようやく少し時間ができたので!
追記からぶわーっといきます。長い。



一位は帽子世界ですね!これは予想していたのでやっぱりー!という感じでした。まず、このゲームの作者さんが大好きなんですよ。昨晩はお楽しみ宿屋とか、吸血少女とか、王女様と薔薇の騎士とか!だからこのフリゲが出た当初も凄い楽しみで、実際楽しくて。これは一位間違いなしだなーと思っていました。このゲームの細かい感想は以前記事を書いたので省略しますが、納得の一位です。
二位はセブンスコートですが、お恥ずかしながらフリゲ2013の集計お手伝いをするまでこのフリゲを知りませんで。元々フリゲと似た位置にあって、でも微妙に違う「同人ゲーム」というジャンルの方が作ったフリゲなんですね。元々ある同人ゲームの「ファタモルガーナの館」というゲームの、同じ登場人物で全く違う設定、手塚治虫方式ですね。でエイプリルゲーとして制作なさったのが今回のこのセブンスコートなのだとか。フリゲ畑でない作者さんが作ったエイプリルゲーが二位にくる、という時点でもう察せるのですが、ほんとこのフリゲ面白いです!演出、音楽、イラスト全てが高品質でした。二時間三時間で終わるお手軽ゲームなのですが、まるで十時間通しでやったかと思うほどの充足感と放心をあなたに。もう面白すぎてファタモルガーナの館買っちゃいましたよ!もう!
三位は魔法少女。まこと!お恥ずかしながら!未プレイです。やりたいフリゲの一つなのですが、どうやらシミュレーションRPGだとか。シミュレーションRPG、大の苦手でして。ものすごい下手くそなんです。いつかやれるといいなあ。
四位は我らがデンシャですね!本当にこの順位、嬉しいです!今年は今までで一番の投票数だったのですが、その中でこの順位。やったぞー!やったやったー!!未プレイの方は冠を持つ神の手製作者さんである小麦畑さんが制作なさったこのゲーム、デンシャを是非!詳しい感想は以前記事を書いたので割愛。
五位のおばけと魔法とは天使のうつわというフリゲを制作なさった方の最新作です。天使のうつわと同じくとてもほのぼのとした、なんとも優しく心洗われるような雰囲気で、この方にしか産み出せなそうなゲーム。フリゲってこういうのがいいんだよなあとしみじみ思います。そして!敵が!固い!!!天使のうつわから固かったのですが、より一層固くなってます!もうザコ敵で普通のフリゲの中ボス弱の強さなんじゃないの!?ってくらいです。そこがいいと思ったならばあなたもしかっり調教されています。

一作品ごとはここまでで、あとはプレイしたことあるものをざっくりと。
帝国魔導院決闘科はウディコン作品ではフリゲ2013の最高順位ですね。さすがウディコン一位というところ。これ、中々のスルメゲーだと思うので、結構票は入りにくいと思うのですが結果10位以内の食い込みました。お見事!
遺跡島と7つのまほうは私がプレイしたフリゲの中でトップレベルにMAPが綺麗です。あのMAPだけでも価値がある!もちろんMAPだけじゃなくてキャラクターもほのぼの可愛いです。ただ、戦闘はアクションなのですが、そのアクションの操作性で好き嫌いが分かれるかも。
影明かしもウディコン作品ですね。これはオーソドックスなRPGなのにとても斬新、というすごく面白い作品でした。ストーリーが面白いとか、キャラクターが面白いとか、戦闘が面白いとかは今まで沢山見てきたのですが、操作性が面白い、というのは初めてかも。しかも独自の操作性が面白い、とかじゃないんですよ。あくまでオーソドックスを貫いているのですが、とにかく親切設計。ありとあらゆる親切設計を集めました!みたいな。サクッと終わるので是非。
Amateur's Gardenは私の今年イチオシフリゲの中の一つです。これは「The legend of OYAJI」というフリゲと同じ製作者さんで、フリゲ製作者さんじゃあもー古株さんです。そんな方の新作とあって絶対面白いに違いない!と思ってたのですが、まあそりゃあ面白かったです。殺伐としたストーリー、まともな奴の居ない権力者達、フリーシナリオシステム、どれを取っても良かった!
最後にさよなら、モナーRPG。で締め。このフリゲ、もう、ほんっとに好きです。いつでもどこでもオススメしたいオススメできない!何故ならとても独特な雰囲気を持つフリゲだからです。これもやはりフリーシナリオシステムのRPGで、主人公は救世主となってラスボスへ続くエレベーターの動力源を集める、というおおまかなストーリーなのですが、救世主だからといって全てを救うとは限らないんだぜ!!!という、もう、サイコーですね。とりあえずやってみてください。是非。



で、記事タイトルの後半の話。溜めた澱を吐き出すだけのもー身勝手な言いようですとも。ご注意。

一昔前に流行った「フリゲ実況」がまた最近ブーム復活してきてるみたいですね。フリゲに触れる機会が増えて、フリゲプレイヤーの人口が増えるほど嬉しい事はありません!やったー!
でも、悲しいのはただの自己顕示欲にフリゲが利用されている時と、実況を見ただけでフリゲをプレイした気になってプレイしない人も確実に居る、ということですね。
例えば前者なんかは、デンシャが実況ブームに巻き込まれた時にoumiさんがホラーゲームではないと明言しているにもかかわらずホラーゲームとして実況されてたりとか。それは!お前が!ホラーゲーム実況ブームに!このフリゲを利用したかったに!すぎないだろ!!!と。もう、腹が立って泣けてきて。実況するなら最低でもread meくらい読めよと。そりゃあ貴方は元手のかからないフリゲ実況してリアクションで面白がられてちやほやされれば万々歳、くらいにしか考えてないのだろうけれど、そのフリゲには確かに作った人とファンがいるのです。フリゲを自己顕示欲の踏み台にしている行為って、製作者とファンを同時に踏みにじるとても画期的な悪意ある行動だと思います。本当にそのフリゲが好きで実況している方のフリゲは心温まるものがあるのですが、そういうのもあってフリゲ実況動画は怖くて見れないです。うるさいファンと言われればそれまでなのですが。また、実況者目当てのイナゴファンがフリゲに付くのも怖い。実況見ました!とろくろくプレイもせずにそのフリゲを語ってまたサーッと引いていくのを見ると、やっぱりどうしても腹が立ってしまいます。私、フリゲは心から好きで。フリゲにそういうイライラとした悪感情は絶対に向けたくないので、実況で人気が出たフリゲは落ち着くまで中々プレイすることができません。面倒くさい性格だなあ!
後者はほんとーに切ない!最近になって、何度「このフリゲ面白いよ」と薦めて「実況で見てみるね」と言われたことか!それならせめてやるかやらないかの二択であって欲しい!「面倒だからやらないよ」と言ってくれたほうが何倍救われるか!実際にプレイしないと分からない雰囲気とか葛藤とかあると思うし、それがフリゲに関わらずゲームの醍醐味なのになー、と思ってしまう次第です。「未プレイですけど、◯◯大好きです!」っていうアレですね。未プレイですけど気になってます!とかなら是非やってやってー!となるのですが、もう大好きですって言い切られちゃうと呆れて二の句もないです。精々お、おうくらいしか言えないです。
とまー言いたいこと言ってスッキリしたんでこの辺で。来年のベストフリゲも楽しみですねー(´ω`*)
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
Secret

バナーとか

冠を持つ神の手同盟様

プロフィール

筒安

Author:筒安
かもかてメインのフリーゲームブログもどき。
印愛一位はトッズ。
王配はサニャ。
このサイトはリンクフリーだよ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

Twitter

フリゲの話が多め

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR