分裂ガールの紹介とか感想とか

中々にお久しぶりですね。更新もせずに何やってたかっていうとフリゲやってました。相変わらずです。
個々最近ウディフェスやニコニコゲームフェスなどのフリゲイベントがありましたが、お恥ずかしながら積みフリゲの消化に必死でそっちまでチェックすることができてない現状です。オススメのあったら教えて下さいね!

それはともかく、この間久しぶりに分裂ガールを再プレイしたのでその紹介やら何やらをば。

分裂ガールはしばらく前に出たツクール2000製のRPGです。そこそこの知名度かと。主人公は牢獄のような一室で目が覚めますが、自分が誰なのかすらも分からない記憶喪失状態であることが分かります。そこから探索を開始して、自分が何者なのか、この建物は何なのか、何故自分がここに居るのか等を少しずつ理解していく、といったストーリーです。ストーリーの説明からも分かるように、だいぶんダークで少し退廃的な雰囲気。そういった雰囲気のゲームが好きな人は是非に!とおすすめしたい作品です。BGMも大変ゲームにマッチしていますし、戦闘方法も特殊で慣れるまでが少々大変ですが、その分慣れてからが楽しいです。ただ、ザコですら敵が強いので、こまめなセーブは必須。
と、ここまで行くと真面目なRPGなんですが、このフリゲの見どころは何と言ってもストーリー、雰囲気とモンスター名や仲間の名前のギャップだと思います。骨のモンスター名が「痩せすぎ」だったりね。燃えてるモンスター名が「マゾヒスト」だったりね。仲間にできるキャラクターも個性的なのが山盛りですが、プレイしたことのある人にとっては、やっぱり一番印象に残るのは「岐阜県出身」ではないでしょうか。岐阜県出身、キャラクターの説明じゃないです。これがまんまキャラ名です。ストーリーがハードなだけに、悪ふざけにしか見えない所が最高にクールです。
そんなクールな分裂ガール、気になったら是非やってみてくださいね!

追記に感想とかがっつりネタバレる

熱!血!拳
多分どなたもこなたもプレイした感想は「ナールてめえこのやろう」に尽きると思います。このやろう。初めてプレイした時は、あのエンディングが信じられなくて「これはマルチエンドに違いないそうだそうなんだ」と思い込んだほどです。フリゲはニッチなゲームが数多く存在するので、鬱ゲーと呼ばれるフリゲももちろん山ほどありますが、後味の悪さという点に関して言うなら分裂ガールがトップレベルじゃないかなあと思います。グロとかホラーとかいう点だと分裂ガールはそれほどでもないんですけどね。最後のナール爺の手紙が全てを持っていきますよね。なにより素晴らしいのが、残ってるのはあくまでナール爺の手紙しかないわけですから怒りのぶつけ場所がどこにもないことです。もう臍を噛むくらいしかすることがない!もう!腹立つ!
そんなこんなで、エンディングの衝撃度ではかなり上位のフリゲです。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

筒安

Author:筒安
かもかてメインのフリーゲームブログもどき。
印愛一位はトッズ。
王配はサニャ。
このサイトはリンクフリーだよ!

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

フリゲの話が多め

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バナーとか