• home >
  • フリゲ >
  • パトルの軍事博物館紹介とか感想とか

パトルの軍事博物館紹介とか感想とか

先日再プレイして広めたくなったのでまたもやフリゲのご紹介。

パトルの軍事博物館はツクールXP製のフリーゲームで、XPで作られたフリゲのなかでまももに並び特別好きなフリゲです。内容はミリタリーネタが満載のフリーシナリオRPGなのですが、もう見どころが満載で面白い面白い。
主人公は軍事博物館を建設するのですが幾分建てたばかりですので展示物がありません。なので、世界各地をまわり何故か主人公を襲ってくる兵器を倒して収集しさらに修復、展示物を増やそう!みたいな。ミリタリーネタといってもしっかりと説明文が兵器に付いているので、右も左も分からない私でも楽しくプレイできました。兵器以外にも、路端の宝箱には音声展示物として軍歌が入っていたり、文章展示物として逸話や説明文が入っていたりします。
また、軍事博物館なのでもちろん経営をしなければなりません。従業員から提案される経営案を取捨選択したり、有名になる行動をとって博物館の知名度を上げたりせずにお金を使いまくればあっという間に破産エンドです。

とまあ、ここまでが基本的なご説明なのですが、何と言ってもこのフリゲの特徴はその不謹慎さにこそあると思います。起動をして初めに聞かれるいくつかの質問はそのほとんどが「不謹慎な内容に耐えられるか否か」というものです。実際、その配慮を裏切らないレベルのネタがポンポンと出てきます。チュートリアルにネッシー狂いの妻を戦車で攻撃して南無阿弥陀仏する戦闘が含まれてるって時点で中々お察し。これが後々考えてみたらネタの中でもかなり軽い方だってのが分かります。
是非不謹慎ゲーやミリタリーゲーがやりたくなったらプレイしてみてくださいね!

追記にがっつりネタバレ感想

腐った資本主義の巣窟である西欧諸国に共産主義を広めるピョン!
コモラーデ可愛いよコモラーデ。パトルではコモラーデやロンメルさんあたりが好きです。コモラーデはまあアレですがロンメルさんはこのフリゲの良心ですね。ああ素晴らしい。
先日再プレイしたらエンディング3の爽やかエンディングでした。「爽やかってなんだっけ・・・・・・」と小一時間自問自答しました。素晴らしいですね。まだ全イベントは見てないので見たい所ですが、プレイすればプレイする度にこのフリゲは怖いものがないのかとつくづく感心しますね。インコにバチカン、赤にアメリカ、ナチに原発とありとあらゆる方面のタブーネタをカバーしていて、本気で怖いものがないんじゃないか。昨今はフリゲの外国語化なんかが流行っていますが、輸出してはいけないフリゲナンバーワンですね。

パトルの軍事博物館2も絶賛開発中だとか。こちらはシェアゲのようですが、なんとしてもプレイしたいので多分私は購入します。楽しみー!!!

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

筒安

Author:筒安
かもかてメインのフリーゲームブログもどき。
印愛一位はトッズ。
王配はサニャ。
このサイトはリンクフリーだよ!

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

フリゲの話が多め

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バナーとか