ダンス・マカブル公開!

しましたね!
先程一周目を終わらせました。何も見ないように何も見ないようにしたらED4でした。
追記にて、ネタバレ前回の一周目で思ったこと感じたことをば。

(16:58分現在)
全エンドコンプしましたー!!!!やったねー!!!
ということで、追記にがっつりネタバレ感想書いていきます。

(コンプ前)
タイトルの「ダンス・マカブル」は死の舞踏という意味で、中世のヨーロッパで流行った寓話とか、それを元にした芸術のことです。誰であろうと皆死ぬんだヒャッハー!という考えのもと、恐怖で皆踊り狂うのだとか。ここまでの恐怖を引き起こしたのは当時流行していたペストが一因と言われていますが、これ、ほとんど真相に触れてないっぽいED4でも、ペストの話だと分かりますね。その前にまず参考文献リストがペストだらけですけどね!!目が覚めて最初に周りにいるチューチュー言ってるのは鼠ですし、神父さんとして出てくる人は、当時お医者さんなんかが被っていたペストマスクをしています。また、目が覚めた場所の壁に書かれている「メメント・モリ(死を思え)」はペスト当時に協会でよく説かれていた教えだとか。少年との回想でも、少年が咳してますしね。貯水池へ行くためのカギ、「アブラカタブラ」の呪文も、ペスト時に使われたそうな。
主人公「alouette」の意味はヒバリみたいです。ED4のEDロールで流れていた曲は、そのままフランス民謡の「ひばり」という歌で、「ひばりさん かわいいひばりさん あなたを むしってあげましょう あたまを むしって あたまを むしって あたま あたま ひばりさん ひばりさん あー あー あー あー」みたいな、中々エグい歌詞です。
あ、あと、ほんと最初になんか聞こえるのは「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」で「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味のイエスキリストが最後に呟いた言葉。
釘を打つ場所とか、茨の冠とか、明らかにあの教会がイエスキリストを模しているのは分かるのですが、他のEDでどう解明されるのか楽しみです。ここで偉そうに書いたことも、他のEDであっさり分かっちゃったら恥ずかしいので消しますとも!


(コンプ後)
神父さんは神父ではなかった。神父さん呼びで慣れてしまったのでこれからも神父さんで通しますが、協会に居候してた医者先生でした。途中出てきた四人の泥棒の酢はペスト当時実際に使われていたらしいですねー。
ED1はまさしく大団円!というEDですね。亡くなった人は帰ってきませんが、考えうる中で一番幸せなEDかな、と。トルゥーエンドっぽいですしね。特に最後、アルエットが「プレイヤー」に向ける台詞がとても好きです。途中の「着させる」「取らせる」といった使役の選択肢や、船を出すシーンでのアルエットの台詞からも薄々分かりますが、プレイヤーは神のような存在なのですね。そこら辺が、かもかてを思い起こさせました。
ED2はなんかアレでしたね!ちなみにこれが一番好きなEDかもしれません。ED1ではアルエットのペストは治っていそうですが、ED2では完璧にこれ治ってませんね。そして神父と共に旅をし、ペストを各地に振りまくことによって、終末、もとい怒りの日を招く存在になります。ED1では清らかに見えた信仰心が、なんだかめちゃくちゃ厄介なことになっているのが素敵。ときめきます。神父さんもそれに付き合ってるわけですから、一気に印象が変わるマジック。カルトな二人組が死をばらまきます。
ED3は「死を想え」というエンディングタイトルの通り、アルエットはラザールと、そして村人の死を想い、自分の死を見つめながら生きていくのだろうなあ、と思います。こう書くとなんだかとっても悲劇的なEDですが、実際はなんだか落ち着いた穏やかなEDでしたね。アルエットも決して悲観しているのではなく、自分でこうしたいと決めて村に残っていたのが印象的でした。
ED4は「二人で永遠を」ED!「vie éternelle」は「永遠の命」といった意味だそうです。よく、ロマンチックな定型詩として「死がふたりを分かつまで」なんて言葉がありますが、ED4の場合は分かちませんからね。もう死んでるものね。まさしく永遠です。ED4は、あまりアイテムを集めずに、なんだか嫌な予感はするけれど何がなんだかわからないまま進めると、なんとなく幸せ?よく分からないけど結婚したし?みたいな感じで迎えられます。ただ、ある程度アイテムを集め、アルエットも何が起こったのか、起こっているのかがわかっている状態でこのEDを迎えると、アルエットが苦悩したまま結婚式を行うことになります。細かいなあ!
ED5はSAN値直葬EDですね。そりゃこんなことがいっぺんに起きればこうなるよなー、とアルエットに同情してしまいました。このEDは、最後アルエットが全てを放棄し、床に横たわった所で、プレイヤーである私達が光を操作しそれをアルエットに当てることによってEDに達成します。プレイヤーの手自らで幕を引かせるのが、こう、ごめんねー!!!ってなります。

ろくに文章になってない感想はこんな感じ!
兎にも角にも、面白かったです!!!!

スポンサーサイト

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/10/12(日) 13:24 |
  • |
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/10/12(日) 14:15 |
  • |
  • [編集]

Re: アメさん

その後いかがお進みでしょうか!
ヒントは聖書です。
  • 2014/10/12(日) 14:53 |
  • 筒安 |
  • URL
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/10/12(日) 14:55 |
  • |
  • [編集]

Re: アメさん

ちょくちょく出てくるっぽいフレーズはまず聖書かと思って間違いなさそうです。
後、caelumはラテン語で「空」を意味します。もう一つのドアに書いてあるinfernusは「地獄」のことなので、この場合は「天国」という意味で使ってるのではないかなー。とかそんな感じです。
  • 2014/10/12(日) 14:59 |
  • 筒安 |
  • URL
  • [編集]

Re: アメさん

柱っていうとラビリンスでしょうか。あれは見分けつきにくいですよねー!
ドット絵も立ち絵凄いですよね!立ち絵は「えもふり」という絵がぬるぬる動くソフトがあるので、それを使ってるのかなあと思います。

ENDは無事5を回収し終わって、1と2を目指してますー!
  • 2014/10/12(日) 15:01 |
  • 筒安 |
  • URL
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/10/12(日) 15:08 |
  • |
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/10/12(日) 15:09 |
  • |
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/10/12(日) 16:05 |
  • |
  • [編集]

Re: アメさん

一度上に戻ろうとしてみてくだされ!おっかけっこ始まるので!逃げてもっかい上行こうとしてその後は地下礼拝堂へGOー!
  • 2014/10/12(日) 16:14 |
  • 筒安 |
  • URL
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/10/12(日) 17:34 |
  • |
  • [編集]

Re: アメさん

FIN2はそうなりますねー!
小麦畑さんからバグ改善版も出たようで。一層はかどります!
  • 2014/10/12(日) 20:49 |
  • 筒安 |
  • URL
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/10/13(月) 01:33 |
  • |
  • [編集]

Re: アメさん

ですね!ダンス・マカブルに使われた音源一覧とかアルバムにしてiPod入れたいです><
  • 2014/10/13(月) 20:05 |
  • 筒安 |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

筒安

Author:筒安
かもかてメインのフリーゲームブログもどき。
印愛一位はトッズ。
王配はサニャ。
このサイトはリンクフリーだよ!

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

フリゲの話が多め

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バナーとか